低刺激なおすすめ白髪染め

お肌の弱い方やアレルギーの方が白髪染めをするなら、肌に負担の少ない低刺激の白髪染めを使うことが大切です。

 

そこで今回はおススメの低刺激の白髪染めのいくつかの種類をご紹介します。

 

低刺激の白髪染めの種類

白髪の頭

白髪染めは、特に2液式のヘアカラータイプの白髪染めの成分にはいくつか頭皮に影響が心配な成分が含まれています。

 

なかでも頭皮に刺激が強いのは、ジアニン系の化学成分の配合された白髪染めです。

 

ジアニンは、肌の弱い方やアレルギー反応がある方が使うと、肌が荒れや、炎症、痒みが出ることがあります。

 

そこで低刺激の白髪染めを選ぶなら、まずは非ジアニン系の商品を選ぶことが大切です。

 

非ジアニン系の白髪染めは、ジアニンの代わりに天然成分の染料や他の成分が含まれているので、髪に優しく頭皮や髪に優しいことが最大のメリットです。

 

トリートメントタイプ

白髪染め中の女性

一つ目は、トリートメントタイプの白髪染めがあります。

 

トリートメントタイプの白髪染めには、さまざまな天然成分が染料として使われています。

 

そのため、髪や頭皮への刺激は最小限に抑えられ、トリートメント効果も高いので、白髪染めをしても髪が傷むこともありません。

 

白髪染めの後は髪にツヤが戻り、美しくなるのがトリートメントタイプの良いところです。

 

そして育毛効果のある成分も同時に配合されているので、薄毛や抜け毛対策にも効果があります。

 

自然な染め上がりで、白髪染めしていることが目立ちにくいので、比較的若い方でも気軽に使うことができます。

 

トリートメントタイプは、シャンプー時に使え、待機時間も10分程度なので手間も少ないです。

 

さらに無臭なので臭いが気になる方でもとても使いやすい仕様になっています。

 

植物染料のヘナ

植物染料のヘナは、強い染色力を持つ植物染料です。

 

100%ヘナ染料使用なら、トリートメント効果が高いので、髪の保湿にも良い効果があります。

 

そしてヘナの染料は、オレンジ色系のかなり明るい色に染まるのが特徴です。

 

市販されているもののなかには、化学染料が含まれているものもあるので注意しましょう。

 

デメリットとしては、染め上がりに時間がかかることです。

 

3時間程度かかるので作業が面倒です。

 

そして特有の草木の香りがするので苦手な方も多いです。

 

お歯黒タイプ

お歯黒タイプの白髪染めは、鉄イオン、タンニン、ヘマテインなどを合成させて、お歯黒と同じ染料を使って白髪を染めていきます。

 

色持ちが良く、深みのある黒髪に染まるので、しっかりと白髪染を黒髪に戻したい方には最適です。

 

ただ、硫黄のような独特の臭いがすることと、度々繰り返すと髪のゴワゴワ感を感じることがあります。

 

美容院にいる女性

 

おすすめの白髪染めランキング

*ページ中央くらいまでスクロールしてください。