オーガニックな白髪染めって何?

髪や頭皮に優しい白髪染めの一つとして、オーガニックな白髪染めがあります。

 

そこで今回は、このようなオーガニックな白髪染めは基本的にどんな商品なのか、どんなメリットがあるのかをご説明します。

 

オーガニックな白髪染めの概念

オーガニックな白髪染めとは、オーガニック=有機的な方法で生産された原料を用いた白髪染めのことです。

 

農薬や化学薬品などを使わずに生産された原料からできています。

 

このようなオーガニック商品を認定するために、世界には多くのオーガニック認定機関があります。

 

それらの機関が独自の基準により審査をし、基準を満たした商品にのみ表示を認めています。

 

認定基準はそれぞれの機関によって違うのですが、3年以上農薬、化学肥料を使用していない農場で栽培され収穫されたものであることなどのような基準があります。

 

このような基準を満した原料で作られた白髪染めがオーガニックな白髪染めと呼ばれます。

 

オーガニックな白髪染めは良い理由

オーガニックな白髪染めを使うことのメリットは、次のようなことがあります。

 

一つ目は、髪や頭皮に優しい成分が配合されていることです。

 

オーガニックな白髪染めの成分は、自然の力で生み出された有機成分なので、化学成分のように頭皮や髪に刺激が少ないのが良いところです。

 

植物由来や天然成分などが豊富に含まれ、草木やハーブなどを主成分としたものが多くなっています。

 

二つ目は、豊富な成分が含まれているので、頭皮や髪に潤いを与えることです。

 

頭皮や髪の乾燥を防ぎ、美しい髪を保つのにも有効です。

 

三つ目は、一般的に白髪染めのヘアカラータイプで使われるような髪や頭皮に刺激が強くアレルギー反応や肌荒れを招くと考えられているジアニンが含まれていないので、敏感肌の方や肌の弱い方でも安心して使用することができます。

 

オーガニックな白髪染めの主要な成分

オーガニック白髪染めの主要な染料としては、ヘナがあります。

 

ヘナには、ジアミン化学成分一切不使用の天然100%のナチュラルヘナの商品と、化学合成物質である酸化染料が含まれているケミカルヘナがあります。

 

オーガニックな白髪染めは、100%ヘナ染料なので、完全にケミカルフリーです。

 

それ以外の成分の天然ハーブとしては、藍色の元となるインディゴもあります。

 

インディゴは、抗菌作用があり、髪に良い成分です。そしてローズマリーもあります。

 

ローズマリーは黒髪のハーブとも言われる白髪染めには有効なハーブです。このようにさまざまな天然植物由来の成分が配合されています。

 

 

 

おすすめの白髪染めランキング

*ページ中央くらいまでスクロールしてください。