白髪染めは母乳に影響ある?

出産後の白髪染めについて、気になるのが新生児への影響です。

 

もし、母乳を通じて新生児に何らかの影響が出てしまったらどうしようというのは、新米ママの方にとっては重要なことです。

 

そこで今回は、白髪染めの母乳への影響についてお話します。

 

白髪染めが母乳に影響を及ぼす理由

白髪染めが母乳に影響を及ぼす理由は、経皮毒があるからです。

 

経皮毒は、白髪染めを始めとするヘアカラー、パーマ、シャンプー、洗顔、洗剤、入浴剤などの影響で、皮膚からこれらの成分が体内に摂取され、なんらかの悪影響を及ぼすことです。

 

白髪染めも他ではありません。頭皮の皮膚を通じて白髪染めの成分が摂取されると、母乳に混じる可能性も否定できません。このような経皮毒は、特に授乳中の方であれば最も心配なことです。

 

これまでご紹介しましたように白髪染めにはいくつかの化学染料やその他の合成化学成分が含まれています。

 

これらが体内に摂取され、母乳を通じて新生児にまで及んでしまうことは大変不安です。

 

しかし、だからといって全ての成分が摂取されるわけではありませんし、母乳に確実に混じるわけでもありませんので、あまりにも神経質になりすぎることも禁物です。

 

かえってストレスを増やすことになりかねません。

 

しかし、白髪染めはやはり多少心配が必要です。

 

そのため、できるだけ授乳中は白髪染めの回数は少なくして、特に注意が必要なラフェニレンジアミンのジアミン系化合物が含まれているものはできれば控えましょう。

 

ジアミン系化合物が配合されたヘアカラーは、胎児や新生児の、アレルギーなどの原因となり、発達上でなんらかの悪影響を及ぼすことが懸念されます。

 

授乳中に白髪染めをするなら

それでも、どうしても授乳中に白髪染めをしたいという方もいるかもしれません。

 

そのような方は、次のような点に気をつけて白髪染めを行いましょう。

 

一つは、白髪染め後、しばらくは授乳を取り止めることです。

 

最近は、母乳の冷凍保存などを活用するかたも増えています。

 

白髪染め後の数日間は授乳を取り止めて、保存しておいたパックなどを活用しましょう。

 

もう一つは、できるだけ体に優しい白髪染めを使うことです。

 

例えば、植物性の染料を用いたものがおススメです。

 

植物性の染料としては、ヘナがあります。ヘナのよいところは、天然植物由来なので体や髪に優しい成分だということです。

 

髪へのダメージも少なく、髪にツヤがでるのもヘナの魅力です。アルカリ性の染料に比べて、大変優しい成分です。

 

そして紫外線から髪を守り、トリートメント効果も高いので、美しい髪を保つのにも大変有効です。

 

 

おすすめの白髪染めランキング

*ページ中央くらいまでスクロールしてください。