白髪染めって授乳中にしても大丈夫?

出産後は白髪染めをしてもよいのかというのも疑問の一つです。

 

妊娠中はできるだけ控えたほうが良いということは別ページでお話しましたが、では出産後はどうなのでしょうか?
今回は出産後、授乳中の白髪染めについてお話します。

 

授乳中の白髪染めは危険?

妊娠中は白髪染めが推奨されていないので、妊娠中にできなかった白髪染めを、出産が終わったらさっそく行いたいと思う方も多いことでしょう。

 

しかし、授乳中の白髪染めをする場合に気になるのが、新生児への影響です。

 

多く新米ママさんは、母乳で育てることを選ばれます。

 

そのような方にとって心配なのが、母乳を通じて新生児になんらかの健康被害が及ぶのではないかということです。

 

授乳を与えているなら、まず注意しておきたいのが経皮毒です。

 

経皮毒は、皮膚から身体の中へ化学物質が吸収されてしまう事です。

 

例えば、白髪染めであれば、白髪染めの成分が頭皮の皮膚を通じて体内に取り込まれて、蓄積された成分が母乳のなかに混じって、新生児の体内にも届くことになります。

 

そしてその成分が新生児の体に何らかの影響があるのではないかということが懸念されます。

 

経皮毒は、特に子宮にたまりやすいので、妊娠中の胎児への影響があるともいわれますが、母乳を通じた新生児への影響も決して否定はできません。

 

しかし、現実的には、全ての白髪染めが危険というわけではありませんが、できるだけ経皮毒の影響を考えて、控えておくのが無難です。

 

授乳中に控えたほうがよい成分

すべての成分が危険ではないとご説明しましたように、特に注意が必要な成分があります。

 

特に授乳中に控えておきたい成分は、パラフェニレンジアミン(ジアミン)や過酸化水素水です。

 

これらは経皮毒として頭皮から吸収されやすい化学成分で、アレルギー、アトピー性皮膚炎、免疫不全などを起こすことがあります。

 

頭皮の皮膚も成分を吸収しやすく、そして一度吸収すると9割は排出されることなく体内に蓄積されていきます。

 

そのため、これらの成分が含まれた白髪染めはできるだけ授乳中は控えるようにしましょう。

 

それでも授乳中に白髪染めをしたいなら

それでも、多くのママさんの本音としては、やっぱり綺麗なママでいたいということではないでしょうか。

 

そこでもし授乳中に白髪染めをするなら、次のようなことを注意しましょう。

 

一つは、できるだけ天然成分由来の染料の白髪染めや、無添加やケミカルフリーの商品を選ぶことです。

 

このような商品は、健康面に心配な成分が比較的少ないです。

 

もう一つは、回数は最小限にとどめることです。だいたい2か月に1回ぐらいがペースですが、できるだけ回数はそれ以下にとどめるようにしましょう。

 

おすすめの白髪染めランキング

*ページ中央くらいまでスクロールしてください。