白髪対策になる食生活とは?

ここでは白髪対策になる食生活について、お話していきたいと思います。

 

白髪は髪の毛の色を決めるためのメラニン色素が、足りなくなることが原因でなるものですので、頭皮や毛根の栄養不足が直接影響してくるのです。

 

 

特に髪の毛の構成に不可欠なタンパク質や、ミネラルの不足は決定的です。若くても極端な食事制限を伴うダイエットや、偏食・暴飲暴食等栄養バランスの悪い食生活をしていますと、若白髪になってしまう可能性もあります。

 

また食生活がきちんとしていたとしても生活習慣が乱れていたり、睡眠不足だったりストレスがたまっていたりしても、白髪は生えやすくなっていますので、並行して改善していくことが大切です。

 

では次に白髪対策に有効な食材や料理として代表的なものを、順番に御紹介していきたいと思います。

 

納豆・たらこ・しらす干し

1つ目は納豆・たらこ・しらす干しです。

 

納豆には良質なタンパク質が豊富に含まれていますので、このタンパク質が分解され生成されるアミノ酸の1種・チロシンが、メラニン色素の原料と材料となるのです。

 

また納豆には、やはり髪の毛の生成には欠かせない鉄・銅・ビオチンが含まれ、毛細血管を通る酵素・栄養素の運搬や、アミノ酸の代謝・血行促進によるメラノサイトの活性化等の働きも持っています。

 

そしてたらこにはチロシン、しらす干しにはカルシウム・チロシン・亜鉛が豊富に含まれていますので、大根おろし等と一緒に御飯のおかずとして食べると良いでしょう。

 

ワカメ等の海藻類

2つ目はワカメ等の海藻類です。

 

殊にワカメには、メラノサイトを活性化させる栄養素であるヨードや、アミノ酸の合成に必要な亜鉛やミネラルが豊富に含まれていますので、ツヤやコシのある健康的な髪の毛にするためにも不可欠な食材です。

 

みそ汁やサラダ・酢の物等、色々な料理の食材に使うことが出来ます。

 

豆腐や油揚げ

3つ目は豆腐や油揚げです。

 

これらの食材も大豆タンパクの豊富な食材です。

 

豆腐には絹ごしと木綿とがありますが、木綿豆腐の方がタンパク質やカルシウムが豊富です。

 

みそ汁や煮物にするのがお勧めです。豆腐は中華の麻婆豆腐や冬の鍋物等、どんな料理にも馴染む食材です。

 

筍・ヒジキ・高野豆腐

4つ目は筍・ヒジキ・高野豆腐です。

 

筍はチロシンを含む食材で、炊き込み御飯や煮物・おすまし等にすると美味しい食材です。

 

またヒジキは毛髪や頭皮に欠かせない酵素や栄養素を運ぶ働きを持つ鉄とヨードを含む煮物向けの食材であり、やはり煮物向けの食材である高野豆腐は、タンパク質・チロシン・鉄・亜鉛・カルシウム等、豊富な栄養素を含んでおり、クセのない食材ですので色々な料理にアレンジ出来ると思います。

 

焼き海苔・味付け海苔・あさりの佃煮

5つ目は焼き海苔・味付け海苔・あさりの佃煮です。

 

御飯のおかずにお勧めのこれらの食材は、鉄やメラノサイトを活性化させるビタミンB12が豊富に含まれています。

 

エビ・イカ・カキの3種の魚介類

6つ目はエビ・イカ・カキの3種の魚介類です。

 

和洋中どのジャンルの料理にも馴染むこれらの食材は、メラニン色素の生成に欠かせない銅や亜鉛が豊富に含まれています。

 

銅は体内でチロシナーゼという酵素となり、チロシンを酸化させ色素を生成する働きもします。好き嫌いもあるかと思いますが、是非毎日の料理に取り入れてみてください。