白髪染め〜良くある質問集1

白髪染めを使うについては、様々な疑問があるかと思います。そこでここでは、その中から代表的な3つの疑問を質問とその答えという形で、お話していきたいと思いますので、参考にしていただければと思います。

 

白髪染めを選ぶポイントは?

現在白髪染めは多くのブランドから多数販売されていますが、使われている成分も異なり、液体タイプかムースタイプかといった事でも染め方は異なります。

 

キレイに染めるためには自分の白髪に合った商品を選び、正しく使うことが大切です。

 

例えば白髪も黒髪も同じように染められるヘアカラータイプのものは、白髪の量に関係なく自由に染められますし、黒髪のメラニン色素の成分をまず脱色してから染めますので、一度染めれば長持ちはしますが、頻繁に染めていると髪が傷んでしまいますので、十分な注意が必要です。

 

それを承知の上で自由に染めたい人は、ヘアカラータイプのものを選んでも良いでしょう。

 

また白髪の多い人は、内側まできちんと行き渡る液体タイプのものを選ぶとよく、部分的にだけ染めたい人はピンポイントで染められるクリームタイプのものを、敏感肌やアレルギーのある人等で脱色したくない人は、無添加で植物由来の主成分のトリートメントタイプかヘアマニキュア等を選ぶと良いと思います。

 

髪質よる染まり方の違いはある?

白髪染めの種類は多くそれぞれ染め方も違うわけですが、髪質により染まりやすい人とそうでない人はいます。

 

例えば髪の毛が1本1本細くしんなりしている人や、地毛が茶色がかっている人、或いは柔らかい髪質の人等は、スピーディに染まりやすいです。

 

一方1本1本が濃すぎるほど黒い人や硬い剛毛の人は、染まりにくいと言われており、ヘアカラータイプのもので染めて髪色を明るくしようとしても難しいかもしれません。

 

ですので該当する髪質の人は、地毛の染まりやすさに合わせて、希望の色より明るい色のものを選ぶと良いです。

 

そうしませんと希望の色で染めたはずなのに、地毛の色が殆ど変わらず、髪にダメージを与えてまで染めても、残念な仕上がりになってしまいます。

 

染まりにくい髪質の人は若干明るめの色を、染まりやすい人は希望通りの色のものを選ぶと良いですよ。

 

白髪染めを使いはじめる年齢はどの位?

もちろん年齢に関係なく、精神的ストレスやショックや疲労等が原因で、若い内に白髪になってしまう人もいますが、多くの人はは加齢により中高年以上の時期になった時に使い始めます。

 

年をとって白髪が増えるのは、髪の黒色をつくるメラニン色素の生成能力が低下してくるためですが、それが始まるのは30代後半頃と言われていますので、その頃から使いはじめる人もいます。

 

アンチエイジングをすれば、白髪化をスローにすることは可能ですが、年をとる以上は、白髪が生えてくること自体を止めることは出来ません。

 

30代でまだ白髪が数本程度であれば根元からカットしていても構いませんが、全体的に目立ってきたら、それでは追い付きません不自然ですから、白髪染めを使い始めてもいいと思います。

 

具体的には30〜40代頃からとなりますが、個人差もありますので、少し位目立つからといって、慌てて購入する必要はありません。