白髪染めは妊娠中にしても平気?

最近は、妊婦さんでもオシャレに気を使うことが増えました。

 

そのため、妊娠中でも白髪染めをしたいと思う人も多いです。

 

そんな時、やはり気になるのが母胎や胎児への影響です。

 

 

ここではそのような方に向けて、「妊娠中は白髪染めできるのか」という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

白髪染めをすることの胎児への危険の有無

妊娠中の白髪染めが、胎児に影響を及ぼすことはほぼありません。

 

白髪染めに使用されている染料を始めとする薬剤は、頭皮や毛髪に付着することはあっても、そこから体内へ吸収される危険性は極めて低いものです。

 

2カ月に1回などの頻度であればたとえ吸収されても微量です。

 

胎児に影響を及ぼすほどの量ではないので、危険性はほとんどないと言えます。

 

しかしながら、多くのヘアサロンなどでは、妊婦さんの白髪染めをお断りしており、市販の商品でも推奨されていません。

 

白髪染めをすることの母胎への影響

このように胎児への影響のリスクはそれほどない白髪染めなのですが、妊娠中に行わない方が良いのには次のような理由があります。

 

一つ目は、体調不良です。妊娠中は、ホルモンバランスが不安定で、精神的にも身体的にも外部からの刺激に弱い状態です。

 

そのような時に、刺激の強い染料や薬品が入った白髪染めをすると、健康面に何らかの影響があることあります。

 

最も多いのが、白髪染めの臭いによって気持ちが悪くなったり、吐き気を催すことがあります。妊娠中はこれまで平気だった臭いに敏感になりがちです。

 

白髪染めの独特の臭いで体調不良になる方も多いです。

 

二つ目は、こちらもホルンバランスにかかわるのですが、かぶれや肌荒れなどの影響です。

 

妊娠中は皮膚も敏感になるので、白髪染めの薬剤に肌が敏感に反応することがあります。

 

三つ目は、長時間同じ姿勢でいることで体調が悪くなることもあります。

 

白髪染めは最低2〜3時間はかかるので、長い時間ヘアサロンの椅子で窮屈な姿勢でいると血行不良などにもなりやすいです。

 

妊娠中の白髪染めのオススメ

それでもやはり妊娠中でも白髪染めをしてきれいな髪を保ちたいと思う方も多いはずです。そのような方は次のようなことを注意しておきましょう。

 

一つ目は、市販の白髪染めを選ぶならできるだけ臭いの少ない、体によい成分が配合されているものを選びましょう。

 

二つ目は無添加の商品などで体に有害な成分が含まれていないものを選びましょう。

 

三つ目は、どのような商品でもパッチテストを事前に行い肌に異常がでないかを確認しておきましょう。

 

 

おすすめの白髪染めランキング

*ページ中央くらいまでスクロールしてください。